https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2799877779186761" crossorigin="anonymous">
JA大阪南が大阪府などと「いちごの楽園 SWETT(スイーツ)フォーラム」を開催
JA大阪南が大阪府などと「いちごの楽園 SWETT(スイーツ)フォーラム」を開催 image 0
JA自己改革 2018.01.18 ホーム > ブログ > JAグループ > JA自己改革 > JA大阪南が大阪府などと「いちごの楽園 SWETT(スイーツ)フォーラム」を開催 JA大阪南が大阪府などと「いちごの楽園 SWETT(スイーツ)フォーラム」を開催  1月14日(日)、南河内のいちごについて紹介するイベント「いちごの楽園SWEETSフォーラム」が旬穀旬菜グランフロント大阪店にて開催。いちごと美容・健康をテーマに開催された本イベントは、美容・健康に関心の高い女性を中心に40名が参加しました。  今回のイベントは、いちごの産地化による地域農業の活性化を目指した「南河内いちごの楽園プロジェクト(主催:大阪府、河南町、千早赤阪村、JA大阪南)」の一環として行われたものです。  はじめに「イチゴでビューティーUP↑」と題されたトークショーでは野菜ソムリエの西村有加さんとタレントの中島史恵さんが、いちごには美肌作りの効果が期待できるビタミンCや、腸内環境を整えてくれるペクチン(水溶性食物繊維)が多く含まれていることなど、いちごと美容・健康の関係性についてお話しされました。 西村氏と中島氏のトークショーも盛り上がった    続いて千早赤阪村の生産者の棟田真さんが登壇。いちご栽培を始めたきっかけや、南河内のいちご栽培の特徴などをお話しされました。  棟田さんは、「千早赤阪村は、水と空気が綺麗でいちごの栽培に適した地域。良い環境が整っているので、いちごの様子をしっかり見て、こまめに灌水調整すれば良いいちごを生産することができる」と語りました。 棟田氏(中央)の説明を熱心に聞き入る来場者    お話しの後には棟田さんら、南河内の生産者のいちごを使用したイベント限定の料理が参加者にふるまわれました。この料理を手掛けた旬穀旬菜の料理長は、イベントの開催に先駆けて棟田さんの圃場を訪問し、南河内産のいちごの特徴を活かしたメニューを考案しました。また、都市近郊だからこそ提供できる完熟いちごの香りやおいしさを伝えようと、料理には当日の朝収穫したばかりの完熟いちごを使用。いちごを使ったメニューと言えばデザートを想像しますが、今回はいちごとヒオウギ貝などで作ったオードブルも提供されました。  各テーブルを回 って来場者と楽しい会話を交わす料理長(右)    来場者からは、「大阪でこんなに美味しいいちごがあるなんてはじめて知った」「完熟のいちごは普段食べているのと甘さが違う」など好評な声が多く、いちごと美容・健康についての関係を学びながら、南河内の完熟いちごを堪能でき、来場された方も満足されていました。 完熟の「ちはや姫」の美味しさに舌鼓をうつ来場者    会場はドレスコードの赤色(いちご色)で統一された
https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2799877779186761" crossorigin="anonymous">