https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2799877779186761" crossorigin="anonymous">
地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」
地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」 image 0
地産地消応援店舗(飲食店) 2020.01.17 ホーム > ブログ > 地産地消 > 地産地消応援店舗(飲食店) > 地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」 地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」 自慢の鉄板焼きは、こだわりの大阪産食材のオンパレード   今回、ご紹介するのは四条畷市にある鉄板焼きのお店「I.Bグリル」です。   こちらのお店は、旅館「伊勢屋」のレストラン部分。四条畷神社の参道に位置する母屋は、百余年の歴史を刻む趣ある佇まいです。   一階部分に設けられた「I.Bグリル」では、地元産の野菜をはじめ、肉は大阪唯一の純粋黒毛和牛「なにわ黒牛」、飲み物も箕面市の「箕面ビール」、柏原市の「カタシモワイン」、羽曳野市の「飛鳥ワイン」と、全食材のうち80%以上が大阪産。どれも厳選した食材ばかりで、口コミサイトでも「料理がおいしい!」と評判です。     聞けば、野菜に関しては「100%大阪産」を目指しているそう。店主の小濱さん自ら八百屋に足を運ぶだけでなく、JAの直売所や朝市、またスーパーの産直市場、道の駅など、大阪府全域を回りながら仕入れておられます。 「できれば調味料も大阪産で揃えたいんですけどね。なかなか調味料まで揃えるのは難しいんですよ。今は、柏原市で製造される綿実油を普段から使うようにしています」と小濱さん。 調味料まで大阪産こだわるとは、かなりのもの。この一言からも、地元に対する思いの強さが伝わってきます。   野菜類はほぼ100%大阪産 この日、用意してくださった野菜は、じゃがいも、玉葱、水菜、チンゲン菜、白菜、サツマイモ、にんにく、水なす、しいたけ、すずなりかぼちゃ、ズッキーニ、にんじんなど。  
クリスタ長堀にて大阪産グルメフェアを実施!
クリスタ長堀にて大阪産グルメフェアを実施! image 0
大阪野菜 2019.09.06 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > クリスタ長堀にて大阪産グルメフェアを実施! クリスタ長堀にて大阪産グルメフェアを実施! 令和元年9月6日(金)~9月16日(月・祝)の間、心斎橋周辺の地下街クリスタ長堀の飲食店舗とコラボし、大阪産農産物を使用したメニューフェアを実施いたします。また、イベントスペース滝の広場にて大阪産農産物PRイベントも併せて実施いたしますので、是非お越しください。 <メニューフェア詳細> →大阪なすや大阪きゅうり、トマトや大阪ぶどう等を使用した限定メニューをクリスタ長堀地下商店街の飲食店(14店舗)にて一般消費者にご提供いただきます。メニュー例は以下のとおり。   <イベント> →メニューフェア期間中、クリスタ長堀「滝の広場」にて計5日のイベントを実施予定。詳細は下記のとおり。   ※詳しくはクリスタ長堀ホームページにてご確認ください。 (URL:https://www.crystaweb.jp/event/osakamon2019/index.html) 飲食店関係者様 JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集 「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。  ●大阪産のお野菜さん応援サイト        参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店
大阪産(もん)スタートアカデミーがはじまります!
大阪産(もん)スタートアカデミーがはじまります! photo 0
地産地消 2021.06.16 ホーム > ブログ > 地産地消 > 大阪産(もん)スタートアカデミーがはじまります! 大阪産(もん)スタートアカデミーがはじまります! 「大阪産(もん)スタートアカデミー」は、栽培経験ゼロの方でも受講いただける品目特化型の研修プログラムです。 本プログラムは、地域のベテラン農家による実地指導だけでなく、外部講師等による座学研修がセットなっており、農業に対する理解が深められるプログラムであり、現在受講生を募集中です。 いちご、有機農産物に興味のある方、大阪での新規就農をお考えの方、ぜひご応募ください。 募集期間:7月4日(日)まで 詳細はこちらへ ⇒ https://pasona-nouentai.co.jp/event/378 また、別コースとして「水なす・きくな」に特化したアカデミーも開講いたしますので 水なす・きくなにご興味のある方は下記をご覧ください。 募集期間:6月21日(月)まで 詳細はこちらへ ⇒ https://www.ja-osakasensyu.or.jp/wp/archives/756 Permalink | 2021.06.16 関連記事 活気あふれる地域の実現「富田林市きらめき農業塾」取材レポート! 大阪いちごフェアが開催中です! 泉州キャベツキャンペーンが開催されます! コラボde対談第2弾Coming soon!!!!
地産地消応援レシピ「I.Bグリル」
地産地消応援レシピ「I.Bグリル」 photo 0
レシピ 2020.01.20 ホーム > ブログ > レシピ > 地産地消応援レシピ「I.Bグリル」 地産地消応援レシピ「I.Bグリル」 野菜を無駄なくおいしくいただく黄金のスープ   今回、ご紹介するのは四条畷市にある鉄板焼きのお店「I.Bグリル」です。 こちらのお店は、旅館「伊勢屋」のレストラン部分。四条畷神社の参道に位置する母屋は、百余年の歴史を刻む趣ある佇まいです。     一階部分に設けられた「I.Bグリル」では、地元産の野菜をはじめ、肉は大阪唯一の純粋黒毛和牛「なにわ黒牛」、飲み物も箕面市の「箕面ビール」、柏原市の「かたしもワイン」、羽曳野市の「飛鳥ワイン」とどれも厳選した食材ばかりで、口コミサイトでも「料理がおいしい!」と評判です。     今回、店主の小濱さんに教えていただいたのは野菜を使ったスープです。しかし、たんなる野菜のスープではありません。その名も、「大阪の恵みのかけらスープ」。野菜の皮やヘタなど使わなかった部分をじっくり煮だして野菜の旨みがたっぷり詰まったスープを作ります。   「生産農家さんを訪ね一生懸命育てておられる姿を見ると、葉っぱ一枚粗末にせず大切に使わせてもらおうという気持ちになるんです」と小濱さん。「大阪の恵みのかけらスープ」には、そんな小濱さんの思いが詰まっているのです。   さっそく作り方を教えていただきました。   用意するのは、調理の際に出た野菜の皮やヘタの部分。 写真のように、事前にボウルに集めておくといいでしょう。  
「防災フェスタ2018 in Osaka」にJA共済連大阪が参画!!
「防災フェスタ2018 in Osaka」にJA共済連大阪が参画!! photo 0
JAグループ 2018.09.13 ホーム > ブログ > JAグループ > 「防災フェスタ2018 in Osaka」にJA共済連大阪が参画!! 「防災フェスタ2018 in Osaka」にJA共済連大阪が参画!! 9月2日(日)、JA共済連大阪は大阪南港にあるアジア太平洋トレードセンターITM棟(大阪市住之江区)で開催された「防災フェスタ2018 in Osaka」に特別協賛しました。 防災フェスタとは、家族みんなで見て、聞いて、体験して楽しみながら防災について学んでもらおうというイベントです。 会場では、JA共済のキャラクター「ひとのわグマ」や大阪府の「もずやん」等によるステージや起震車による地震体験、FMラジオの公開収録、防災グッズや備蓄品の展示・販売等が行われました。 JA共済のブースでは、地震や津波について学んでもらうために「大阪防災ガイド2018」や非常時の備蓄食としてJA北大阪の「飲めるごはん」の配布を行いました。 ≪JA共済のブースの様子≫     また、野菜ソムリエによるスムージーの配布やママ向けセミナー、フォトスポットや縁日等を通じて野菜・果物の普及活動を行う“HITONOWA FARM(ひとのわファーム)”もあわせて展開されました。 特に“HITONOWA CAFE(ひとのわカフェ)”において実施した野菜ソムリエによる野菜・果物スムージーには、サポートセンターよりJA全農大阪を通じて大阪産の新鮮な「いちじく」「トマト」「こまつな」を提供しました。スムージーの無償配布は好評で、大勢の家族連れで賑わいました。 ≪新鮮な大阪産農産物を使ったスムージーは大好評≫    
第4回おおさかNo-1(のうワン)グランプリ エントリー開始!
第4回おおさかNo-1(のうワン)グランプリ エントリー開始! image 0
おおさかNo-1グランプリ 2020.10.22 ホーム > ブログ > JAグループ > おおさかNo-1グランプリ > 第4回おおさかNo-1(のうワン)グランプリ エントリー開始! 第4回おおさかNo-1(のうワン)グランプリ エントリー開始! JAグループ大阪では、大阪府との共同事業として、府内農業者を対象とした経営強化プランのコンテスト「第4回おおさかNo-1(のうワン)グランプリ」を開催します。 本コンテストは、今回(第4回)をもって最後の開催となりますので、この機会にぜひご応募ください!   ●おおさかNo-1(のうワン)グランプリとは? ・農業者が自らの農業経営における1年~3年の目標を設定し、目標実現に向けた経営強化プランを発表するプレゼンコンテストです。 ・書類選考→プレゼン発表(予選)→プレゼン発表(本選)の3度の選考を経て優秀者を表彰します。     ●応募対象者 大阪府内在住または、大阪府内で農業を営む農業者及び農業法人の代表者 ※過去のおおさかNo-1グランプリにおいて、グランプリまたは準グランプリを受賞した方は応募できません。   ●選考基準 ①先進性・先駆性(適応性) ②波及性(持続性) ③実現性 ④大阪らしさ  ⑤熱意 ⑥プレゼン力  
農家になるにはどんな方法がある?働き方や学び方まで徹底解説
農家になるにはどんな方法がある?働き方や学び方まで徹底解説 image 0
JAグループ 2021.04.02 ホーム > ブログ > JAグループ > 農家になるにはどんな方法がある?働き方や学び方まで徹底解説 農家になるにはどんな方法がある?働き方や学び方まで徹底解説 農家になるにはどんな方法があるのでしょう。今回は働き方の種類や農業について学ぶ方法を紹介します。ひと言で農家といっても、独立開業している人や農業法人に就職している人など、働き方はさまざまです。農業について学べる場所もたくさんあり、農家になるための研修を行っているJAや自治体などもあります。全国農業会議所が運営する相談センターなども紹介するので、農家になりたいが何からはじめればよいかわからない…という方はぜひ参考にしてみてください。 ■農家とは? 農家とはそもそも何なのか、農家の定義やどんな仕事をしているのかを紹介します。 ・農家の定義 農林水産省の定義によると、「10アール以上の経営耕地面積で農業を営んでいる世帯。または、年間15万円以上の農産物販売金額がある世帯」を農家と呼ぶようです。 農業所得を主としている主業農家や農業以外の所得が主の準主業農家など、どれくらい農業に従事しているか、農産物の販売金額がどれくらいあるかなどによって、農家の定義や名称はさらに細かく分類されています。   ・農家の仕事内容 農家は、お米や野菜、果物や花などの農作物を生産して販売することで収入を得ています。食べ物だけでなく、動物の飼料となる穀物類や繊維に加工される綿や麻、花や植木などの栽培も農家の仕事です。 育てる作物に合わせた土づくりや、気候に合わせた植付け、肥料まきなどを年間通して行います。すべて手作業で行っていた時代と比べると、作業効率を上げるための便利な道具が増えましたが、体力と根気のいる職業であることは間違いないでしょう。   ■農家になるにはどんな方法がある? 農家になるには、独立開業したり、農業法人に就職したりする方法があります。それぞれどう違うのかチェックしてみましょう。   ・個人事業主として独立開業 農家になる方法のひとつは、個人事業主として独立開業することです。新規就農のメリットは、育てたい作物の選定や栽培計画などを自身で決められることでしょう。一方で、農地の確保や農機具など設備を整えるための資金調達、販売経路の確保など多くの課題が伴います。   ・農業法人に就職
JAグループ大阪「大阪農業イメージアップポスター」が、APAアワード2019に入選!
JAグループ大阪「大阪農業イメージアップポスター」が、APAアワード2019に入選! image 0
JAグループ 2018.11.29 ホーム > ブログ > JAグループ > JAグループ大阪「大阪農業イメージアップポスター」が、APAアワード2019に入選! JAグループ大阪「大阪農業イメージアップポスター」が、APAアワード2019に入選!  JAグループ大阪が作製した「大阪農業イメージアップポスター」がAPAアワード2019 広告作品部門にて入選し、「年鑑 日本の広告写真2019」に掲載されることとなりました。   このポスターは、大阪府内においても若手農業者が活躍し、地域農業の維持・活性化に貢献していることや、大阪農業(都市農業)の魅力を大阪府民等に対して訴求することを目的として作製したものです。  ポスターのモデルには、2018年2月に開催された「おおさかNo-1(のうワン)グランプリ」のグランプリ受賞者「大島 哲平さん」(ひらかた独歩ふぁーむ、JA北河内/枚方市)と準グランプリ受賞者「丸山 友規さん」(ベジタブルファームマルヤマ、JA大阪南/河南町)を起用し、都市農業の未来をまっすぐ見つめ、突き進んでいく、「かっこいい」イメージを表現しました。   大阪府内には、そんな「かっこいい」農業者がたくさんいます。JAグループ大阪では農業者ひとり一人の挑戦を、全力で支えていきます。    【グランプリ受賞 大島哲平さん】 https://yaruyan.osaka/1146/  【準グランプリ受賞 丸山友規さん】 https://yaruyan.osaka/1094/     ■APAアワードとは 「公益社団法人日本広告写真家協会公募展(APAアワード)」は、1961年より開催されている歴史ある写真の公募展。「心を動かす作品」をテーマに、実際の広告として世の中に流通した作品を募集する「広告作品部門」、写真家の新たな表現への挑戦を募集する「写真作品部門」の二部門からなり、受賞・入選作品はすべて「年鑑 日本の広告写真」に掲載され、APAアワード展覧会や国内外でも展示される。       飲食店関係者様 JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集
キャベツにはどんな栄養がある?健康効果やおすすめレシピも紹介
キャベツにはどんな栄養がある?健康効果やおすすめレシピも紹介 image 0
冬野菜 2021.02.26 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > 冬野菜 > キャベツにはどんな栄養がある?健康効果やおすすめレシピも紹介 キャベツにはどんな栄養がある?健康効果やおすすめレシピも紹介 サラダ、料理のつけ合わせ、炒め物など、いろいろな料理に使われる「キャベツ」。毎日何気なく食べていますが、どんな栄養が含まれているか知っていますか?今回は、キャベツのことをもっと知るために、キャベツの種類や栄養、おいしく食べるための調理方法を詳しく解説します。キャベツがメインになる料理も紹介しているので参考にしてみてください。     ■食卓に並ぶ定番野菜「キャベツ」とは? キャベツの歴史や種類、おいしいキャベツの選び方をご紹介します。   ・キャベツの歴史 キャベツの名前は、英語の「cabbage(キャベッジ)」に由来しますが、その語源はフランス語の「caboche(頭でっかち)」だといわれています。原産地はヨーロッパ西南部の沿岸地域で、古代エジプトやギリシャ・ローマ時代から食べられていたそう。江戸時代中期頃にオランダ船で日本の長崎に伝来しましたが、当時は観賞用だったようです。現在のような丸いキャベツは明治時代以降に伝わり、東京や北海道で栽培され始めたといいます。   ・キャベツの種類 日本では一年中食べることのできる野菜ですが、季節によって種類が違います。   【春キャベツ】 4~6月頃に出回るのが、「新キャベツ」または「春玉」という名前でも売られている「春キャベツ」です。ゆるやかな巻きで葉はやわらかくみずみずしいため、サラダなどの生食に向いています。   【夏秋キャベツ】
2018年 旬菜新聞 冬号 旬菜レストラン
2018年 旬菜新聞 冬号 旬菜レストラン photo 0
旬菜新聞 2019.01.07 ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 2018年 旬菜新聞 冬号 旬菜レストラン 2018年 旬菜新聞 冬号 旬菜レストラン JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所やJA店舗で配布しています。 旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。 今回はその中から2018年冬号に掲載している、旬菜レストランを紹介いたします。 地産地消を応援!旬彩レストラン JAグループ大阪では、「大阪野菜をもっと知ってもらいたい」と地産地消プロジェクト「大阪産のお野菜さん」を展開中。大阪の農業と地産地消を応援する飲食店を紹介します。 まだまだある! 応援飲食店はコチラ https://pr.gnavi.co.jp/promolist/osaka-oyasaisan/ cafe dining apricot(カフェダイニングアプリコット)  近鉄富田林駅・富田林西口駅徒歩5分、本格イタリアンと和のメニューが気軽に楽しめる「カフェダイニングアプリコット」。今冬新登場した「山椒ジェノベ鍋」は、山椒が効いた爽やかでコクのあるブイヨンスープに、山盛りのムール貝、トマトやバジル、キャベツなどの大阪産野菜がたっぷり入った、今注目の“シビ辛”( しびれて辛いグルメ)のイタリアン鍋です。 「うま味のある新鮮な大阪産野菜の良さを生かしつつ、さまざまな料理に仕上げています」とオーナーの山口浩子さん。コース仕立ての全7品。大阪産野菜使用の3 種の前菜やサラダも一緒にどうぞ。 南大阪の野菜をくつろぎの空間で オーナー 山口浩子さん
https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2799877779186761" crossorigin="anonymous">