https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2799877779186761" crossorigin="anonymous">
たまねぎに含まれる栄養とは?簡単おいしい主役レシピも紹介
たまねぎに含まれる栄養とは?簡単おいしい主役レシピも紹介 image 0
お野菜全般 2021.03.12 ホーム > ブログ > お野菜全般 > たまねぎに含まれる栄養とは?簡単おいしい主役レシピも紹介 たまねぎに含まれる栄養とは?簡単おいしい主役レシピも紹介 「たまねぎ」は、炒め物や汁物の具にしたり、煮込み料理の風味付けに加えたりと料理に欠かせない野菜。大阪では名産の「泉州たまねぎ」も有名ですよね。毎日当たり前のように食べているたまねぎですが、どんな栄養が含まれているのか考えたことはありますか?今回は、たまねぎの栄養、歴史や種類、選び方についてご紹介します。たまねぎが主役になるレシピにも挑戦してみてください。   ■常備野菜の定番「たまねぎ」とはどんな野菜? たまねぎはどこで産まれ、どうやって日本へ伝わったのでしょうか。まずは、たまねぎの歴史や種類について解説します。   ・たまねぎの来歴 たまねぎの原産地は、中央アジアから地中海の沿岸部地域です。その起源は、古代エジプトやメソポタミア文明が栄えた紀元前の時代にまで遡るといいます。日本へは、江戸時代に南蛮貿易によって観賞用として伝わりましたが、食用として栽培されはじめたのは明治時代以降のこと。アメリカから栽培方法が伝わり、寒さにも強いたまねぎの性質から北海道で作られるようになりました。   ・たまねぎの産地と種類 次に、たまねぎの種類と主な産地について見ていきましょう。   【黄たまねぎ】 日本でもっとも多く栽培されている種類のたまねぎで、春蒔きの北海道産と、秋蒔きの府県産に大別されます。保存性が高く刺激的な辛味が特徴です。肥大する期間により、甲高種、扁平種に分類されますが大きな味の違いはありません。   【白たまねぎ】 3月下旬~6月中旬頃まで「新たまねぎ」として出回るのが府県産の白たまねぎです。黄たまねぎと比べて刺激臭や辛味が少なく甘くて水分を豊富に含むため、生で食べるのに向いています。   【赤たまねぎ】
果物は太る!?上手に食べれば健康・美肌・ダイエットの味方に!
果物は太る!?上手に食べれば健康・美肌・ダイエットの味方に! image 0
お野菜全般 2020.12.31 ホーム > ブログ > お野菜全般 > 果物は太る!?上手に食べれば健康・美肌・ダイエットの味方に! 果物は太る!?上手に食べれば健康・美肌・ダイエットの味方に! 「果物は食べると太る」というイメージがある方もいるかもしれませんが、実は果物には毎日積極的に摂りたい栄養素がたっぷりと含まれています。そのまま食べられるものが多い果物は、忙しい毎日の朝食やおやつにもぴったりです。今回は、果物は太るというイメージを払拭すべく、その魅力や賢く食べる方法などを紹介していきます。     ■「果物を食べると太る」は勘違い!? 果物を食べると太ると考えられている理由はどんなことにあるのでしょう。まずは、その原因を探っていきたいと思います。     ・果物が太ると思われている原因 一般的に果物を食べると太ると考えられている理由のひとつに「カロリーや糖質の高さ」があげられるかもしれません。確かにカロリーや糖質だけに注目してしまうと、果物を食べると太ると思ってしまうのも仕方ないかもしれません。しかし、大切なのは賢く食べることです。 果物には太ることを心配する以上に、健康や美肌などに効果的な身体にうれしい栄養がたっぷりと含まれているのです。   ・果物に含まれる「果糖」は血糖値の上昇を防ぐ 太ってしまう原因のひとつに血糖値の急な上昇があげられます。砂糖に含まれているショ糖やブドウ糖が血糖値を急激に上げるのに対して、果物に含まれている「果糖」は、血糖値を緩やかに上昇させるのが特徴です。 血糖値の上がりにくい果糖を含む果物は、太るというよりもむしろダイエットの味方になってくれる可能性も期待できるようです。ただし、食べ過ぎには注意が必要なので、つぎの項目では、1日の摂取量の目安を紹介します。     ■果物には栄養がたっぷり!摂取量の目安は?  
キャベツにはどんな栄養がある?健康効果やおすすめレシピも紹介
キャベツにはどんな栄養がある?健康効果やおすすめレシピも紹介 image 0
冬野菜 2021.02.26 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > 冬野菜 > キャベツにはどんな栄養がある?健康効果やおすすめレシピも紹介 キャベツにはどんな栄養がある?健康効果やおすすめレシピも紹介 サラダ、料理のつけ合わせ、炒め物など、いろいろな料理に使われる「キャベツ」。毎日何気なく食べていますが、どんな栄養が含まれているか知っていますか?今回は、キャベツのことをもっと知るために、キャベツの種類や栄養、おいしく食べるための調理方法を詳しく解説します。キャベツがメインになる料理も紹介しているので参考にしてみてください。     ■食卓に並ぶ定番野菜「キャベツ」とは? キャベツの歴史や種類、おいしいキャベツの選び方をご紹介します。   ・キャベツの歴史 キャベツの名前は、英語の「cabbage(キャベッジ)」に由来しますが、その語源はフランス語の「caboche(頭でっかち)」だといわれています。原産地はヨーロッパ西南部の沿岸地域で、古代エジプトやギリシャ・ローマ時代から食べられていたそう。江戸時代中期頃にオランダ船で日本の長崎に伝来しましたが、当時は観賞用だったようです。現在のような丸いキャベツは明治時代以降に伝わり、東京や北海道で栽培され始めたといいます。   ・キャベツの種類 日本では一年中食べることのできる野菜ですが、季節によって種類が違います。   【春キャベツ】 4~6月頃に出回るのが、「新キャベツ」または「春玉」という名前でも売られている「春キャベツ」です。ゆるやかな巻きで葉はやわらかくみずみずしいため、サラダなどの生食に向いています。   【夏秋キャベツ】
野菜からも摂取できる!タンパク質を多く含む野菜やおすすめの食べ方をチェック
野菜からも摂取できる!タンパク質を多く含む野菜やおすすめの食べ方をチェック image 0
お野菜全般 2021.01.04 ホーム > ブログ > お野菜全般 > 野菜からも摂取できる!タンパク質を多く含む野菜やおすすめの食べ方をチェック 野菜からも摂取できる!タンパク質を多く含む野菜やおすすめの食べ方をチェック 3大栄養素とよばれるタンパク質、炭水化物、脂質は、人が健康に暮らしていくうえで欠かせない重要なエネルギー源です。そのうちのひとつであるタンパク質は、近年の筋トレブームでも注目を集めている栄養素。タンパク質は、肉や魚など動物性の食べ物で摂取するイメージが強いかもしれませんが、実は野菜からも摂ることができます。今回は、植物性タンパク質の特徴や多く含まれている野菜、上手な摂り方などを紹介します。     ■タンパク質とはどんな栄養素?   植物性タンパク質のことを紹介する前に、タンパク質とはどんな栄養素なのかを見ていきましょう。 タンパク質は、筋肉や骨、臓器や血液などを構成している人のカラダに欠かせない栄養素です。約20種類のアミノ酸が結合してできているタンパク質は、生命の維持や体内代謝、抵抗力のアップなどに影響を及ぼし、不足してしまうと、脳の働きが鈍ったり、体力が落ちたりする原因を引き起こすといわれています。タンパク質不足は、肌荒れや抜け毛など…表面的な部分にも影響がでてきてしまうのだそう。 体内で合成できないタンパク質は、食べ物を通して摂取するしかありません。そこで登場するのが、肉や魚に含まれる動物性タンパク質と野菜や豆類に含まれる植物性タンパク質なのです。     ■野菜に含まれるタンパク質の特徴 では、野菜に含まれる植物性タンパク質にはどんな特徴があるのでしょうか。   ・植物性タンパク質の種類   植物性タンパク質は「小麦タンパク」と「大豆タンパク」の2種類に分類されます。それぞれ、名前の通り小麦に含まれるタンパク質と大豆に含まれるタンパク質のことです。 畑の肉ともよばれるほど栄養価の高い大豆タンパクは、食物繊維やカルシウムなどタンパク質以外の栄養素が豊富なことでも有名です。  
子供の野菜嫌いはなぜ起こる?嫌いをなくす対処法と克服レシピもご紹介
子供の野菜嫌いはなぜ起こる?嫌いをなくす対処法と克服レシピもご紹介 image 0
お野菜全般 2020.10.28 ホーム > ブログ > お野菜全般 > 子供の野菜嫌いはなぜ起こる?嫌いをなくす対処法と克服レシピもご紹介 子供の野菜嫌いはなぜ起こる?嫌いをなくす対処法と克服レシピもご紹介 野菜は、ビタミンやミネラルなどの栄養成分が豊富で、毎日の食事にも積極的に取り入れたい食材。子供にとっては、大切な成長段階に欠かせない栄養でもあります。しかし、野菜が嫌いな子供は多いですよね。なぜ野菜嫌いになるのか、大人が実践できる対処法や苦手野菜を使ってつくれる簡単レシピもご紹介します。     ■子供が野菜を嫌がる理由   子供が野菜を苦手と感じる2つの理由を見てみましょう。   ・苦味、酸味、渋味など美味しさが分かりにくい 子供は、苦味や酸味、渋味など本能的に苦手とする味や、食べ合わせることで生まれる旨味など、よく分からない味を美味しいと感じません。野菜には、苦味やえぐ味、辛味のあるものも多く、美味しさが分かりにくいために嫌いになってしまうのだそうです。   ・見た目や食感になじめない 緑や赤などの濃い色、硬そうな葉野菜、例えばピーマンのようないびつな形など、見た目に抵抗があり嫌いになることがあるようです。実際に食べてみても、硬くて飲み込めない、軟らか過ぎて気持ち悪いといったように、食感が苦手だという子供も多いようです。     ■野菜嫌いをなくすためにできること   子供の野菜嫌いに対して大人はどう対処したら良いのでしょうか。今からでも始められる4つの対処方法をご紹介します。  
https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2799877779186761" crossorigin="anonymous">