地産地消応援店舗取材「六味酒肴 QU」野菜は90%以上が大阪産! 地野菜のおいしさ、豊富さに感動
地産地消応援店舗(飲食店) 2019.08.09 ホーム > ブログ > 地産地消 > 地産地消応援店舗(飲食店) > 地産地消応援店舗取材「六味酒肴 QU」野菜は90%以上が大阪産! 地野菜のおいしさ、豊富さに感動 地産地消応援店舗取材「六味酒肴 QU」野菜は90%以上が大阪産! 地野菜のおいしさ、豊富さに感動 本日ご紹介する「六味酒肴 QU」は、大阪産にこだわる創作料理店です。野菜はオーナーが毎日直売所を回って自ら厳選し、魚介類に関しては漁師さんと一緒に船に乗り直接チェックするほどの熱心さ。産地直送の新鮮な食材を存分に楽しむことができます。   店名の「QU」とは「食う」からきているそう。店内には席間をゆったりとったテーブル席と、シックな木造の個室の2タイプがあり、おいしい料理に舌鼓を打ちながらゆったりくつろげる雰囲気です。  界隈のビジネス街で働くサラリーマンやOLから定評を得ており、お昼はコストパフォーマンス抜群のワンコインランチ、夜は活きの良さが自慢の「お造り盛り合わせ」や「地野菜サラダ」などのメニューが人気を集めています。 また、日本酒や焼酎も豊富で、常時約40種がスタンバイ。地下鉄御堂筋線本町駅から徒歩1分というアクセスの良さから、終電間際までゆっくり過ごすことができます。   オーナーがほれ込んだ大阪産の食材  こちらで使う野菜は、驚くことに約95%が大阪産! 通常の飲食店の場合、ここまで産地にこだわるのはなかなか難しいことですが、同店ではオーナーの泉谷朋俊さんが自ら直売所や生産者さん計5~6か所を回り仕入れているそう。     「私はとにかく大阪産が大好きなんです。産地から近い分、野菜でも魚でも鮮度が抜群で、味もいい!
旬菜新聞 2017年冬号 「旬菜レシピ」の紹介
旬菜新聞 2017年冬号 「旬菜レシピ」の紹介 photo 0
旬菜新聞 2017.12.22 ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 旬菜新聞 2017年冬号 「旬菜レシピ」の紹介 旬菜新聞 2017年冬号 「旬菜レシピ」の紹介  JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所やJA店舗で配布しています。  旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。  今回はその中から2017年冬号に掲載している「旬菜レシピ」を紹介いたします。 旬の冬野菜をたっぷり使っていつもの食卓をにぎやかに イベントごとが増える年末年始は、自宅でホームパーティーをする機会も増えそう。そこで今回は、料理研究家の福西ひろみさんが、食卓をにぎやかに盛り上げてくれる簡単レシピを紹介します。 ※材料はすべて4人分 @プロフィール@ 料理研究家・福西ひろみさん 大阪市北区の料理教室「ウィリークッキング」主宰。ホームパーティー感覚のレッスンで、ごはんにもお酒にも合う料理が学べます。センスあふれるテーブルコーディネートも好評。   使った旬のなにわ特産品はコレ! 泉州キャベツ お好み焼きに欠かせない泉州のキャベツは、ずっしりと重みのある、「松波」という品種が中心。生はもちろん、加熱しても崩れず甘みが増すため、煮込み料理にもピッタリ。 収穫最盛期= 12 月中旬~3月中旬
2月28日のクリスタ長堀プレミアムマルシェの開催中止について
2月28日のクリスタ長堀プレミアムマルシェの開催中止について image 0
地産地消 2020.02.26 ホーム > ブログ > 地産地消 > 2月28日のクリスタ長堀プレミアムマルシェの開催中止について 2月28日のクリスタ長堀プレミアムマルシェの開催中止について JAグループ大阪が毎月最終金曜日にクリスタ長堀にて実施している農産物直売イベント「PREMIUM MARCHE(プレミアムマルシェ)」についてお知らせがございます。 今月28日(金)に予定しておりましたプレミアムマルシェについて、今般大阪府より新型コロナウイルス感染防止の観点から、イベント等の開催再確認の協力依頼があり、運営事務局の判断により開催を中止にすることといたしました。 何卒主旨ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。 飲食店関係者様 JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集 「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。  ●大阪産のお野菜さん応援サイト        参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店 ※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。 お問い合わせフォームよりお願いします。 この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!   ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店
令和2年度新規就農「はじめの一歩」村@堺 活動中!
令和2年度新規就農「はじめの一歩」村@堺 活動中! image 0
はじめの一歩村(新規就農研修) 2020.08.19 ホーム > ブログ > JAグループ > はじめの一歩村(新規就農研修) > 令和2年度新規就農「はじめの一歩」村@堺 活動中! 令和2年度新規就農「はじめの一歩」村@堺 活動中! JA大阪中央会 大阪農業振興サポートセンターでは、本年6月より大阪府との共同事業として新規就農「はじめの一歩」村@堺を開催しています。 「はじめの一歩」村は、将来の新規就農を目指す受講生が9か月間、研修スタッフや地元農家から指導を受けるプログラムであり、農業技術の習得に加え、将来の独立就農に向けて農業者との関係を構築することを目的とした取り組みです。 今回は堺市長峰地区の一歩村ほ場にて行われた「トラクター講習」の様子を取材してまいりましたので、ご紹介いたします。 8/8(土)(取材日)は、長峰営農組合山崎組合長の協力のもと、耕耘等を行うトラクターについての研修が行われました。 山崎組合長より、トラクターのスピードの調整方法やターンの仕方、危険な使用方法等について丁寧に説明していただきました。 入村生は研修に対して前向きな姿勢で参加し、メモを取るなどして、就農に向けて技術や知識の習得に意欲的に取り組んでいました。       講習後は実際にトラクターを運転し、圃場の耕耘や畝づくりを行いました。   入村生は、慣れない操作に戸惑いながらも、固い土壌を協力しながら整備していきました。    9月からは秋冬野菜の栽培実習が本格的に開始します。入村生は今後、秋冬野菜の栽培方法や収穫後の販売方法等を学び、就農に必要な知識や技術を身に着けていきます。 Permalink | 2020.08.19 関連記事 富田林市きらめき農業塾が第一期生を募集しています! 令和2年度新規就農「はじめの一歩」村 活動中!vol.2 令和2年度「はじめの一歩」村@堺が開村
旬菜新聞 2019年 春号 直売所INFO
旬菜新聞 2019年 春号 直売所INFO image 0
旬菜新聞 2019.04.16 ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 旬菜新聞 2019年 春号 直売所INFO 旬菜新聞 2019年 春号 直売所INFO JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所やJA店舗で配布しています。 旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。 今回はその中から2019年春号に掲載している、直場所INFOを紹介いたします。 安心して食べられる丹精込めた地野菜を提供 JAグリーン大阪農産物直売所「フレッシュ・クラブ本店」 近鉄荒本駅から徒歩8分。東大阪市役所のそばの「フレッシュ・クラブ本店」では、東大阪市全域と八尾市一部地域で丹精込めて育てられた新鮮な農産物を販売しています。 おすすめは東大阪市の特産品・オカワカメ。「ワカメのようにぬめりがあり、栄養価も豊富。クセもなく、おいしいです。葉をサッとゆでて刻み、ポン酢でどうぞ」とJAグリーン大阪営農経済部直売課の森田耕司課長。食べ頃は春から秋にかけてですが、昨年秋に加工品のおかゆを発売。一年中安定した供給ができるよう、ハウス栽培にも力を入れています。 エコ農産物を食べて畑を守る取り組みも 同店では、減農薬・減化学肥料のエコ農産物を「健康百菜」として販売。さらにエコ農産物を購入することで農地を守り、生産者を応援できる「ファーム・マイレージ2」運動を実施し、該当野菜のラベルシールを集めた人に、野菜や感謝状の贈呈を行っています。 「小規模農家が多く、多種多品目を入荷。小松菜などの軟弱野菜に加え、目新しい野菜もあります。5月はエンドウ、トマトやキュウリ、ナスなど夏野菜も出始めます」。子どもたちにも食べさせたい良質な地元野菜の数々を、試してみませんか。 エコ農産物が充実している「フレッシュ・クラブ本店」。店内だけでなく、店の前のテントでも、とれたての野菜を販売しています 「年代問わず気軽に立ち寄れる直売所。メール会員さま向けに、講習会やイベント情報も発信中です。ぜひ、ご登録ください」(森田課長) @@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 種類豊富な品揃えと旬を大切にした店づくり JAいずみの農産物直売所「愛彩ランド」  国道170号沿いにある、JAいずみの農産物直売所「愛彩ランド」。広い売り場では、岸和田市、和泉市、泉大津市、高石市、忠岡町などの野菜や果物を販売しています。
地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」
地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」 photo 0
地産地消応援店舗(飲食店) 2020.01.17 ホーム > ブログ > 地産地消 > 地産地消応援店舗(飲食店) > 地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」 地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」 自慢の鉄板焼きは、こだわりの大阪産食材のオンパレード   今回、ご紹介するのは四条畷市にある鉄板焼きのお店「I.Bグリル」です。   こちらのお店は、旅館「伊勢屋」のレストラン部分。四条畷神社の参道に位置する母屋は、百余年の歴史を刻む趣ある佇まいです。   一階部分に設けられた「I.Bグリル」では、地元産の野菜をはじめ、肉は大阪唯一の純粋黒毛和牛「なにわ黒牛」、飲み物も箕面市の「箕面ビール」、柏原市の「カタシモワイン」、羽曳野市の「飛鳥ワイン」と、全食材のうち80%以上が大阪産。どれも厳選した食材ばかりで、口コミサイトでも「料理がおいしい!」と評判です。     聞けば、野菜に関しては「100%大阪産」を目指しているそう。店主の小濱さん自ら八百屋に足を運ぶだけでなく、JAの直売所や朝市、またスーパーの産直市場、道の駅など、大阪府全域を回りながら仕入れておられます。 「できれば調味料も大阪産で揃えたいんですけどね。なかなか調味料まで揃えるのは難しいんですよ。今は、柏原市で製造される綿実油を普段から使うようにしています」と小濱さん。 調味料まで大阪産こだわるとは、かなりのもの。この一言からも、地元に対する思いの強さが伝わってきます。   野菜類はほぼ100%大阪産 この日、用意してくださった野菜は、じゃがいも、玉葱、水菜、チンゲン菜、白菜、サツマイモ、にんにく、水なす、しいたけ、すずなりかぼちゃ、ズッキーニ、にんじんなど。  
明日、11月17日(火)「軽トラ夕市@淀屋橋」が開催されます!
明日、11月17日(火)「軽トラ夕市@淀屋橋」が開催されます! photo 0
地産地消 2020.11.16 ホーム > ブログ > 地産地消 > 明日、11月17日(火)「軽トラ夕市@淀屋橋」が開催されます! 明日、11月17日(火)「軽トラ夕市@淀屋橋」が開催されます! 明日、11月17日(火)、大阪の若手農業者のグループ「大阪府4Hクラブ連絡協議会」のメンバーが、「軽トラ夕市」を開催いたします。 大阪農業を盛り上げている若手農家が軽トラックに新鮮な旬の大阪産農産物を積んで販売します。ぜひお越しください。 ▶日     時:令和2年11月17日(火) 16:30~19:00(荒天中止) ▶場     所:JA大阪センタービル前 (大阪市中央区高麗橋3-3-7) ▶販売予定品目:トマト、新米、春菊、れんこん、さつまいも、はちみつ、イチゴサイダーなどの大阪産(もん)を用いた加工品 等   Permalink | 2020.11.16 関連記事 大阪産(もん)スタートアカデミーがはじまります! 活気あふれる地域の実現「富田林市きらめき農業塾」取材レポート! 大阪いちごフェアが開催中です! 泉州キャベツキャンペーンが開催されます! コラボde対談第2弾Coming soon!!!!
「食べて応援・作って応援レシピコンテスト~JA大阪南×四天王寺大学・四天王寺大学短期大学部~」
「食べて応援・作って応援レシピコンテスト~JA大阪南×四天王寺大学・四天王寺大学短期大学部~」 image 0
レシピ 2019.12.18 ホーム > ブログ > レシピ > 「食べて応援・作って応援レシピコンテスト~JA大阪南×四天王寺大学・四天王寺大学短期大学部~」 「食べて応援・作って応援レシピコンテスト~JA大阪南×四天王寺大学・四天王寺大学短期大学部~」 JA大阪南は11月16日(土)、四天王寺大学・四天王寺大学短期大学部(羽曳野市)と産学連携し「食べて応援・作って応援レシピコンテスト」を同大キャンパス内で開催した。本コンテストはJA自己改革の一環として、地元農産物の消費拡大や地域農業への理解を促進する事を目的に、自己改革プロジェクトチーム「JAM」が企画した。今回で2回目の開催となり、一次審査を通過した6チーム12人が調理・実食審査に臨んだ。中谷清組合長を審査委員長とし、7名の審査員が農産物の活かし方や美味しさ、オリジナリティー、見た目の良さなどの観点から、最優秀賞である組合長賞(1作品)に加え専務賞(2作品)、あすかてくるで賞(3作品)を決定した。審査終了後、表彰式を行い、最優秀賞は四天王寺大学教育学部の松本ゼミによる「焼き野菜 洋風スープ仕立て」が受賞した。                         受賞した松本ゼミの郷原栞さんは「昨年に続いて今年も賞を頂けて嬉しい。野菜に切り目を入れ、煮る時間を変えて、美味しく食べられるよう工夫しました」と話した。 コンテストに参加した6レシピは、広報誌やホームページに記載するほか、農産物直売所「あすかてくるで」河内長野店で期間限定の販売を予定している。JA大阪南では今後も産学連携を強化し、自己改革への取組みを続けていく。   受賞者は以下のとおり。  
地産地消応援店舗取材「Charcoal Dining 炭々」
地産地消応援店舗取材「Charcoal Dining 炭々」 image 0
地産地消応援店舗(飲食店) 2018.06.27 ホーム > ブログ > 地産地消 > 地産地消応援店舗(飲食店) > 地産地消応援店舗取材「Charcoal Dining 炭々」 地産地消応援店舗取材「Charcoal Dining 炭々」 今回ご紹介する地産地消応援店舗は、堺市にある「Charcoal Dining 炭々」さんです。  近年、大阪でもじわじわ出店が増えているジビエ料理。もともとヨーロッパ貴族が狩猟の際、しとめたイノシシやシカを調理したことから発展した食文化です。  店主の窪田さんがこのジビエ料理と出合ったのは、イタリアへ料理修業に行った時のこと。ジビエ肉が身近な食材として親しまれている様子を見て、「日本でも、ぜひこの料理を提供したい」と思ったそうです。   ジビエ料理以外にも、様々なこだわりがあり、たとえば調理には店名の通り炭火を使用しています。炭によって香ばしい香りがつき、余計な油が落ちてヘルシーに。しかも、鉄板のように表面を直接過熱せずにすむので適度に脂が残ってしっとりやわらかな仕上がりになります。メニュー表を見ると、ウサギ、イノシシ、シカ、子羊、ダチョウの肉を使った炭火料理がずらりと名を連ねます。 また野菜に関しても、「季節感を演出し、肉のおいしさを引き立ててくれる存在」と、主に無農薬のものを厳選しています。実は窪田さん自身、野菜のジュニアソムリエの資格を持ち、一時はご自分で野菜を栽培しようと考えていたこともあったそう。野菜に対して非常に強い思いをお持ちなのです。 その窪田さんが野菜を仕入れているのが、八百屋tsutaebitoさんです。tsutaebitoさんは泉州、河内エリアの農家で採れた新鮮野菜を、府内各地へ移動販売しておられます。そのほとんどが無農薬で栽培されたこだわりの野菜たち。窪田さんも味と品質には大きな信頼を寄せています。 「tsutaebitoさんはその日の朝、生産農家で採れた野菜をそのまま届けてくれます。だから、鮮度が抜群にいいんです。やはり、野菜は採れたてに越したことはありません。特に豆類、とうもろこし、葉物類のように鮮度の落ちやすいものは、産地もさることながら、近場で採れたものの方がおいしいです」。   さらにもう一つ、tsutaebitoさんによって届けられているものがあります。 それは、『新ゴボウは生でも食べられる』などの野菜のおいしい食べ方や、今年の収穫状況など、生産現場でしか得られないリアルな情報です。 
大阪産の野菜を使った「野菜パフェ」など体を内側から磨くメニューが豊富 地産地消応援店舗取材「ブラッスリー リナーシェ」
地産地消応援店舗(飲食店) 2019.06.27 ホーム > ブログ > 地産地消 > 地産地消応援店舗(飲食店) > 大阪産の野菜を使った「野菜パフェ」など体を内側から磨くメニューが豊富 地産地消応援店舗取材「ブラッスリー リナーシェ」 大阪産の野菜を使った「野菜パフェ」など体を内側から磨くメニューが豊富 地産地消応援店舗取材「ブラッスリー リナーシェ」 今回ご紹介するのは、若い女性から人気を集めるカジュアルフレンチ店「ブラッスリー リナーシェ」です。 道頓堀川沿いに建つ店舗は、窓辺に開放感ある風景が広がり眺めが抜群。 店内はターコイズブルーの色味をアクセントに効かせたおしゃれな雰囲気です。 大阪市福島区にも、姉妹店「リセラ リナーシェ」を構えています。店長の上北哲也さんによると、「両店舗の名前である『リナーシェ』は、命がよみがえるという意味。『体の内側から美しく健康的に』をコンセプトに、おいしい料理を食べながら心と体をよみがえらせる、そんな時間を過ごしていただきたいと思っています」。 そのため、料理に使う食材は全国からこだわりの品を取り寄せています。 例えば、牛肉は無農薬の牧草だけを食べて育った牧草牛を使用。普通の牛肉より脂肪分が低く、オメガ3脂肪酸も豊富なため血液をサラサラにし、アンチエイジングにも効果的。しかも、高たんぱくで低カロリーと、美意識が高い女性が望む条件を全て叶えてくれる食材なのです。   もちろん、食材へのこだわりは野菜にも。大阪産をはじめ各地から質の良いものを取り寄せています。 「当店では、野菜は美を司る一大要素と考えています。料理に用いるだけでなく、ランチでも毎日5~6種程度をビュッフェとして提供しています」   店に届くギリギリまで畑で栄養をたっぷり摂った野菜が一番おいしい。 同店では、定期的に大阪産の野菜が届くよう八百屋さんと提携しているそう。