JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part2
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part2 photo 0
JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 2017.12.23 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 > JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part2 JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part2 現状、大阪の食料自給率は東京についでワースト2位。 大阪に住む人の95%が他の地域の野菜を頼り消費しています。 しかし、大阪は都市型の農業のために生産地と消費地が近く、新鮮な「大阪産のお野菜さん」が調達可能です。 またハウス栽培も多く、1年間出荷できる野菜を作っている農家が多いのも特徴です。 今回、地産地消を推奨することで新鮮な「大阪産のお野菜さん」の消費拡大はもちろんのこと輸送エネルギーの削減や地域の活性化・食文化を守ることを目指しています。 大阪や大阪近郊にお住まいの方、「大阪産のお野菜さん」で食卓を彩って地産地消を楽しんでみてはいかがでしょうか? 旬食ラウンジ田中店長からの一言 「大阪のお野菜ってこんなにあるの?」と、 大阪で野菜が栽培されていることを知らない人も多いですが、 大阪には美味しい魅力的なお野菜がたくさんあるんです。 大阪ならではのお野菜もあるので、 多くの方に大阪産のお野菜を知っていただきたいです。 小松菜 もともと東京都小松川地区の特産でしたが、今では多くの地域で栽培されています。大阪では堺市、岸和田市、八尾市、東大阪市で、なにわ特産品「大阪こまつな」の栽培が盛んです。冬場用と夏場用の品種があり、使い分けをしているので、周年出回っています。霜が降りた露地物は甘みが増し、栄養価も高くおすすめです。
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part4
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part4 image 0
JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 2018.01.09 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 > JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part4 JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part4 現状、大阪の食料自給率は東京についでワースト2位。 大阪に住む人の95%が他の地域の野菜を頼り消費しています。 しかし、大阪は都市型の農業のために生産地と消費地が近く、新鮮な「大阪産のお野菜さん」が調達可能です。 またハウス栽培も多く、1年間出荷できる野菜を作っている農家が多いのも特徴です。 今回、地産地消を推奨することで新鮮な「大阪産のお野菜さん」の消費拡大はもちろんのこと輸送エネルギーの削減や地域の活性化・食文化を守ることを目指しています。 大阪や大阪近郊にお住まいの方、「大阪産のお野菜さん」で食卓を彩って地産地消を楽しんでみてはいかがでしょうか? 旬食ラウンジ田中店長からの一言 「大阪のお野菜ってこんなにあるの?」と、 大阪で野菜が栽培されていることを知らない人も多いですが、 大阪には美味しい魅力的なお野菜がたくさんあるんです。 大阪ならではのお野菜もあるので、 多くの方に大阪産のお野菜を知っていただきたいです。 白菜 鍋料理や漬け物に欠かせない白菜は、95%が水分と言われ、100gあたり13~14キロカロリーしかなく、一度にたくさん食べられるのが魅力です。また、寒くなり霜に当たると繊維が柔らかくなり風味が増します。最近では、少人数で使いきれる「ミニ白菜」、生のままで食べることができる「オレンジクィーン」「むらさき白菜」など、色々な種類が登場しています。
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」 photo 0
JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 2017.12.21 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 > JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」 JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」 現状、大阪の食料自給率は東京についでワースト2位。 大阪に住む人の95%が他の地域の野菜を頼り消費しています。 しかし、大阪は都市型の農業のために生産地と消費地が近く、新鮮な「大阪産のお野菜さん」が調達可能です。 またハウス栽培も多く、1年間出荷できる野菜を作っている農家が多いのも特徴です。 今回、地産地消を推奨することで新鮮な「大阪産のお野菜さん」の消費拡大はもちろんのこと輸送エネルギーの削減や地域の活性化・食文化を守ることを目指しています。 大阪や大阪近郊にお住まいの方、「大阪産のお野菜さん」で食卓を彩って地産地消を楽しんでみてはいかがでしょうか? 旬食ラウンジ田中店長からの一言 「大阪のお野菜ってこんなにあるの?」と、 大阪で野菜が栽培されていることを知らない人も多いですが、 大阪には美味しい魅力的なお野菜がたくさんあるんです。 大阪ならではのお野菜もあるので、 多くの方に大阪産のお野菜を知っていただきたいです。 しゅんぎく 春になると黄色い花が咲き、葉の形が菊に似ていることから春菊と呼ばれます。主枝が伸長しない株張型と、主枝が伸長し分枝する株立型があり、関西では株張型の栽培が多く、株ごと根元から切り取って収穫します。また、葉の切れ込みの浅い大葉種、切れ込みの深い中葉種、小葉種があり、関東以北では中葉、関西では大葉が好まれています。大阪では堺、貝塚、岸和田で栽培が盛んです。
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part3
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part3 photo 0
JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 2017.12.27 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 > JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part3 JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ冬の「大阪産のお野菜さん」Part3 現状、大阪の食料自給率は東京についでワースト2位。 大阪に住む人の95%が他の地域の野菜を頼り消費しています。 しかし、大阪は都市型の農業のために生産地と消費地が近く、新鮮な「大阪産のお野菜さん」が調達可能です。 またハウス栽培も多く、1年間出荷できる野菜を作っている農家が多いのも特徴です。 今回、地産地消を推奨することで新鮮な「大阪産のお野菜さん」の消費拡大はもちろんのこと輸送エネルギーの削減や地域の活性化・食文化を守ることを目指しています。 大阪や大阪近郊にお住まいの方、「大阪産のお野菜さん」で食卓を彩って地産地消を楽しんでみてはいかがでしょうか? 旬食ラウンジ田中店長からの一言 「大阪のお野菜ってこんなにあるの?」と、 大阪で野菜が栽培されていることを知らない人も多いですが、 大阪には美味しい魅力的なお野菜がたくさんあるんです。 大阪ならではのお野菜もあるので、 多くの方に大阪産のお野菜を知っていただきたいです。 ブロッコリー ケールが祖先にあたるアブラナ科キャベツの仲間で、小さな花のつぼみが集まった「花蕾(からい)」と「花茎」の部分を食べます。中国野菜の「カイラン」と掛け合わせた「スティックセニョール」、「カイシン」から生まれた「ハナッコリー」など、食べやすい品種がたくさん登場しています。
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【たけのこ・たまねぎ・大阪なす】篇
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【たけのこ・たまねぎ・大阪なす】篇 photo 0
JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 2018.04.20 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 > JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【たけのこ・たまねぎ・大阪なす】篇 JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【たけのこ・たまねぎ・大阪なす】篇 現状、大阪の食料自給率は東京についでワースト2位。 大阪に住む人のほとんどが他地域の食糧を消費しています。 しかし、大阪は都市型の農業のために生産地と消費地が近く、「大阪産のお野菜さん」は新鮮なものばかりです。 またハウス栽培も多く、1年間出荷できる野菜を作っている農家が多いのも特徴です。 今回、地産地消を推奨することで新鮮な「大阪産のお野菜さん」の消費拡大はもちろんのこと、地域の活性化・食文化を守ることを目指しています。 大阪にお住まいの方、「大阪産のお野菜さん」で食卓を彩って地産地消を楽しんでみてはいかがでしょうか? 旬食ラウンジ田中店長からの一言 「大阪のお野菜ってこんなにあるの?」と、 大阪で野菜が栽培されていることを知らない人も多いですが、 大阪には美味しい魅力的なお野菜がたくさんあるんです。 大阪ならではのお野菜もあるので、 多くの方に大阪産のお野菜を知っていただきたいです。 たけのこ たけのことは竹の芽の部分のことです。温暖な地域に多く生えていて、種類も多く70種類ほどありますが、食用たけのこは一般的に孟宗竹をはじめ、ほんの数種類です。大阪では主に泉州地域の山間部で収穫されており、貝塚市木積のたけのこは有名です。筍という名前の由来は一旬(10日間ほど)で「竹」までに生長するからだそうです。
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【えんどう豆・そら豆】篇
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【えんどう豆・そら豆】篇 image 0
JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 2018.05.21 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 > JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【えんどう豆・そら豆】篇 JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【えんどう豆・そら豆】篇 現状、大阪の食料自給率は東京についでワースト2位。 大阪に住む人のほとんどが他地域の食糧を消費しています。 しかし、大阪は都市型の農業のために生産地と消費地が近く、「大阪産のお野菜さん」は新鮮なものばかりです。 またハウス栽培も多く、1年間出荷できる野菜を作っている農家が多いのも特徴です。 今回、地産地消を推奨することで新鮮な「大阪産のお野菜さん」の消費拡大はもちろんのこと、地域の活性化・食文化を守ることを目指しています。 大阪にお住まいの方、「大阪産のお野菜さん」で食卓を彩って 地産地消を楽しんでみてはいかがでしょうか? 旬食ラウンジ田中店長からの一言 「大阪のお野菜ってこんなにあるの?」と、 大阪で野菜が栽培されていることを知らない人も多いですが、 大阪には美味しい魅力的なお野菜がたくさんあるんです。 大阪ならではのお野菜もあるので、 多くの方に大阪産のお野菜を知っていただきたいです。 えんどう豆
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【若ごぼう・ふき】篇
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【若ごぼう・ふき】篇 image 0
JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 2018.03.29 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 > JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【若ごぼう・ふき】篇 JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 おすすめ春の「大阪産のお野菜さん」【若ごぼう・ふき】篇 現状、大阪の食料自給率は東京についでワースト2位。 大阪に住む人の95%が他の地域の野菜を頼り消費しています しかし、大阪は都市型の農業のために生産地と消費地が近く、「大阪産のお野菜さん」は新鮮なものばかりです。 またハウス栽培も多く、1年間出荷できる野菜を作っている農家が多いのも特徴です。 今回、地産地消を推奨することで新鮮な「大阪産のお野菜さん」の消費拡大はもちろんのこと輸送エネルギーの削減や地域の活性化・食文化を守ることを目指しています。 大阪や大阪近郊にお住まいの方、「大阪産のお野菜さん」で食卓を彩って地産地消を楽しんでみてはいかがでしょうか? 旬食ラウンジ田中店長からの一言 「大阪のお野菜ってこんなにあるの?」と、 大阪で野菜が栽培されていることを知らない人も多いですが、 大阪には美味しい魅力的なお野菜がたくさんあるんです。 大阪ならではのお野菜もあるので、 多くの方に大阪産のお野菜を知っていただきたいです。 八尾若ごぼう 根を食べる普通のごぼうとは異なり、根・軸・葉の全てを食べることができ、葉ごぼうとも呼ばれています。葉は独特の苦味、「軸」はシャキシャキっとした食感、「根」は風味があってやわらかい八尾特産の春の野菜です。昔から「矢型」の束で出荷されているため、地元では「や~ごんぼ」と言われています。
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 秋のおすすめ「大阪産のお野菜さん」
JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 秋のおすすめ「大阪産のお野菜さん」 image 0
JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 2017.10.18 ホーム > ブログ > 大阪野菜 > JA×ぐるなび おすすめ大阪産お野菜 > JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 秋のおすすめ「大阪産のお野菜さん」 JAグループ大阪×ぐるなび旬食ラウンジ店長 秋のおすすめ「大阪産のお野菜さん」 現状、大阪の食料自給率は東京についでワースト2位。 大阪に住む人の95%が他の地域の野菜を頼り消費しています。 しかし、大阪は都市型の農業のために生産地と消費地が近く、新鮮な「大阪産のお野菜さん」が調達可能です。 またハウス栽培も多く、1年間出荷できる野菜を作っている農家が多いのも特徴です。 今回、地産地消を推奨することで新鮮な「大阪産のお野菜さん」の消費拡大はもちろんのこと輸送エネルギーの削減や地域の活性化・食文化を守ることを目指しています。 大阪や大阪近郊にお住まいの方、「大阪産のお野菜さん」で食卓を彩って地産地消を楽しんでみてはいかがでしょうか? さつまいも 秋に収穫され、秋からは初ものが、冬から翌年春までは貯蔵されたものが出回ります。熟成がちょうどよい具合になるのが冬場で、甘みがのります。東日本では繊維が少なく甘味が強い「紅あずま」、西日本では金時豆のように鮮やかな紅色の「なると金時」の栽培が多いです。また最近では大阪府内でも、肉色がオレンジ色の「安納芋」や、甘くて栄養価が高い「紅はるか」など、様々な品種を栽培している生産者が増えています。 ■収穫時期 大阪府下:初もの:9月~11月 貯蔵もの:12月~1月 おすすめ調理法 レンジで簡単!ふかしいも 洗ったさつまいもを湿らせたキッチンペーパーで重ねて包み、電子レンジ(500W)で2分、その後、解凍モードで20分程あたためると甘くておいしい「ふかしいも」が出来ます。 炊飯器でホクホク!ふかしいも 薄く水を張った炊飯器にさつまいもを入れて、じっくり炊飯モードで炊くと、ホクホクでおいしい「ふかしいも」が出来上がります。