地産地消応援店舗取材「六味酒肴 QU」野菜は90%以上が大阪産! 地野菜のおいしさ、豊富さに感動
地産地消応援店舗(飲食店) 2019.08.09 ホーム > ブログ > 地産地消 > 地産地消応援店舗(飲食店) > 地産地消応援店舗取材「六味酒肴 QU」野菜は90%以上が大阪産! 地野菜のおいしさ、豊富さに感動 地産地消応援店舗取材「六味酒肴 QU」野菜は90%以上が大阪産! 地野菜のおいしさ、豊富さに感動 本日ご紹介する「六味酒肴 QU」は、大阪産にこだわる創作料理店です。野菜はオーナーが毎日直売所を回って自ら厳選し、魚介類に関しては漁師さんと一緒に船に乗り直接チェックするほどの熱心さ。産地直送の新鮮な食材を存分に楽しむことができます。   店名の「QU」とは「食う」からきているそう。店内には席間をゆったりとったテーブル席と、シックな木造の個室の2タイプがあり、おいしい料理に舌鼓を打ちながらゆったりくつろげる雰囲気です。  界隈のビジネス街で働くサラリーマンやOLから定評を得ており、お昼はコストパフォーマンス抜群のワンコインランチ、夜は活きの良さが自慢の「お造り盛り合わせ」や「地野菜サラダ」などのメニューが人気を集めています。 また、日本酒や焼酎も豊富で、常時約40種がスタンバイ。地下鉄御堂筋線本町駅から徒歩1分というアクセスの良さから、終電間際までゆっくり過ごすことができます。   オーナーがほれ込んだ大阪産の食材  こちらで使う野菜は、驚くことに約95%が大阪産! 通常の飲食店の場合、ここまで産地にこだわるのはなかなか難しいことですが、同店ではオーナーの泉谷朋俊さんが自ら直売所や生産者さん計5~6か所を回り仕入れているそう。     「私はとにかく大阪産が大好きなんです。産地から近い分、野菜でも魚でも鮮度が抜群で、味もいい!
JA大阪中河内の農業塾レポート#20210316
JA自己改革 2021.03.24 ホーム > ブログ > JAグループ > JA自己改革 > JA大阪中河内の農業塾レポート#20210316 JA大阪中河内の農業塾レポート#20210316 JA大阪中河内の農業塾の第10講義目がありました。 今回の座学のテーマは安全な農作業について、実地講義では耕耘機の操作について実習を行いました。 座学講義では、株式会社東海近畿クボタ近畿ソリューション課の花崎講師より、安全な農作業についてご講義いただき、耕耘機や草刈り機を使用する際の注意点などを事故事例をもとに説明をいただきました。 また、JA大阪中河内営農経済部営農指導グループの松下講師より、肥料の成分保証票の読み方についてご講義いただきました。 前回は雨天のため実地講義が中止となりましたが、今日は何とか天気がもち、耕耘機の操作方法や留意点についてご講義いただきました。 使用する前には耕耘機の外観や、タイヤの気圧等を確認 し、燃料は満タンにしないこと、そして使い終わったら必ず燃料を抜くこと等、安全に耕耘機を操作するための留意点についてご説明いただきました。 【運転実習の様子】 現在、圃場ではそら豆、エンドウ、ネギ、ジャガイモが生長中です。 エンドウには風による転倒防止のため、ビニール紐で補強され、そら豆は豆が大きく育つよう、一か所から茎が7~8本になるように間引きを行いました。 【エンドウ】  【そらまめ】  最後に、現在の圃場の様子を掲載します。今後もお野菜たちの生長が楽しみです! 【圃場の様子】 【作付け状況】  
旬菜新聞 2017年冬号 「旬菜レシピ」の紹介
旬菜新聞 2017年冬号 「旬菜レシピ」の紹介 photo 0
旬菜新聞 2017.12.22 ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 旬菜新聞 2017年冬号 「旬菜レシピ」の紹介 旬菜新聞 2017年冬号 「旬菜レシピ」の紹介  JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所やJA店舗で配布しています。  旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。  今回はその中から2017年冬号に掲載している「旬菜レシピ」を紹介いたします。 旬の冬野菜をたっぷり使っていつもの食卓をにぎやかに イベントごとが増える年末年始は、自宅でホームパーティーをする機会も増えそう。そこで今回は、料理研究家の福西ひろみさんが、食卓をにぎやかに盛り上げてくれる簡単レシピを紹介します。 ※材料はすべて4人分 @プロフィール@ 料理研究家・福西ひろみさん 大阪市北区の料理教室「ウィリークッキング」主宰。ホームパーティー感覚のレッスンで、ごはんにもお酒にも合う料理が学べます。センスあふれるテーブルコーディネートも好評。   使った旬のなにわ特産品はコレ! 泉州キャベツ お好み焼きに欠かせない泉州のキャベツは、ずっしりと重みのある、「松波」という品種が中心。生はもちろん、加熱しても崩れず甘みが増すため、煮込み料理にもピッタリ。 収穫最盛期= 12 月中旬~3月中旬
令和2年度新規就農「はじめの一歩」村@堺 活動中!
令和2年度新規就農「はじめの一歩」村@堺 活動中! image 0
はじめの一歩村(新規就農研修) 2020.08.19 ホーム > ブログ > JAグループ > はじめの一歩村(新規就農研修) > 令和2年度新規就農「はじめの一歩」村@堺 活動中! 令和2年度新規就農「はじめの一歩」村@堺 活動中! JA大阪中央会 大阪農業振興サポートセンターでは、本年6月より大阪府との共同事業として新規就農「はじめの一歩」村@堺を開催しています。 「はじめの一歩」村は、将来の新規就農を目指す受講生が9か月間、研修スタッフや地元農家から指導を受けるプログラムであり、農業技術の習得に加え、将来の独立就農に向けて農業者との関係を構築することを目的とした取り組みです。 今回は堺市長峰地区の一歩村ほ場にて行われた「トラクター講習」の様子を取材してまいりましたので、ご紹介いたします。 8/8(土)(取材日)は、長峰営農組合山崎組合長の協力のもと、耕耘等を行うトラクターについての研修が行われました。 山崎組合長より、トラクターのスピードの調整方法やターンの仕方、危険な使用方法等について丁寧に説明していただきました。 入村生は研修に対して前向きな姿勢で参加し、メモを取るなどして、就農に向けて技術や知識の習得に意欲的に取り組んでいました。       講習後は実際にトラクターを運転し、圃場の耕耘や畝づくりを行いました。   入村生は、慣れない操作に戸惑いながらも、固い土壌を協力しながら整備していきました。    9月からは秋冬野菜の栽培実習が本格的に開始します。入村生は今後、秋冬野菜の栽培方法や収穫後の販売方法等を学び、就農に必要な知識や技術を身に着けていきます。 Permalink | 2020.08.19 関連記事 富田林市きらめき農業塾が第一期生を募集しています! 令和2年度新規就農「はじめの一歩」村 活動中!vol.2 令和2年度「はじめの一歩」村@堺が開村
2月28日のクリスタ長堀プレミアムマルシェの開催中止について
2月28日のクリスタ長堀プレミアムマルシェの開催中止について image 0
地産地消 2020.02.26 ホーム > ブログ > 地産地消 > 2月28日のクリスタ長堀プレミアムマルシェの開催中止について 2月28日のクリスタ長堀プレミアムマルシェの開催中止について JAグループ大阪が毎月最終金曜日にクリスタ長堀にて実施している農産物直売イベント「PREMIUM MARCHE(プレミアムマルシェ)」についてお知らせがございます。 今月28日(金)に予定しておりましたプレミアムマルシェについて、今般大阪府より新型コロナウイルス感染防止の観点から、イベント等の開催再確認の協力依頼があり、運営事務局の判断により開催を中止にすることといたしました。 何卒主旨ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。 飲食店関係者様 JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集 「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。  ●大阪産のお野菜さん応援サイト        参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店 ※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。 お問い合わせフォームよりお願いします。 この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!   ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店
旬菜新聞 2019年 春号 直売所INFO
旬菜新聞 2019年 春号 直売所INFO image 0
旬菜新聞 2019.04.16 ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 旬菜新聞 2019年 春号 直売所INFO 旬菜新聞 2019年 春号 直売所INFO JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所やJA店舗で配布しています。 旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。 今回はその中から2019年春号に掲載している、直場所INFOを紹介いたします。 安心して食べられる丹精込めた地野菜を提供 JAグリーン大阪農産物直売所「フレッシュ・クラブ本店」 近鉄荒本駅から徒歩8分。東大阪市役所のそばの「フレッシュ・クラブ本店」では、東大阪市全域と八尾市一部地域で丹精込めて育てられた新鮮な農産物を販売しています。 おすすめは東大阪市の特産品・オカワカメ。「ワカメのようにぬめりがあり、栄養価も豊富。クセもなく、おいしいです。葉をサッとゆでて刻み、ポン酢でどうぞ」とJAグリーン大阪営農経済部直売課の森田耕司課長。食べ頃は春から秋にかけてですが、昨年秋に加工品のおかゆを発売。一年中安定した供給ができるよう、ハウス栽培にも力を入れています。 エコ農産物を食べて畑を守る取り組みも 同店では、減農薬・減化学肥料のエコ農産物を「健康百菜」として販売。さらにエコ農産物を購入することで農地を守り、生産者を応援できる「ファーム・マイレージ2」運動を実施し、該当野菜のラベルシールを集めた人に、野菜や感謝状の贈呈を行っています。 「小規模農家が多く、多種多品目を入荷。小松菜などの軟弱野菜に加え、目新しい野菜もあります。5月はエンドウ、トマトやキュウリ、ナスなど夏野菜も出始めます」。子どもたちにも食べさせたい良質な地元野菜の数々を、試してみませんか。 エコ農産物が充実している「フレッシュ・クラブ本店」。店内だけでなく、店の前のテントでも、とれたての野菜を販売しています 「年代問わず気軽に立ち寄れる直売所。メール会員さま向けに、講習会やイベント情報も発信中です。ぜひ、ご登録ください」(森田課長) @@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 種類豊富な品揃えと旬を大切にした店づくり JAいずみの農産物直売所「愛彩ランド」  国道170号沿いにある、JAいずみの農産物直売所「愛彩ランド」。広い売り場では、岸和田市、和泉市、泉大津市、高石市、忠岡町などの野菜や果物を販売しています。
コラボde対談Coming soon!!!!
コラボde対談Coming soon!!!! photo 0
JA自己改革 2020.09.16 ホーム > ブログ > JAグループ > JA自己改革 > コラボde対談Coming soon!!!! コラボde対談Coming soon!!!! JA大阪中央会 大阪農業振興サポートセンターでは 【大阪から農業を元気に。生産者と企業をつなげる地産地消プロジェクト「ベジデコラボ」】 を展開しています。       大阪府内の生産者と企業とのコラボによる大阪農業のPRを目的としており、これまでいくつものコラボが実現してまいりました。 詳細はこちらのベジデコラボHPの「コラボ事例」をチェック!            
「プレミアムフライデーinクリスタ長堀」にて大阪産の新鮮野菜を販売!
「プレミアムフライデーinクリスタ長堀」にて大阪産の新鮮野菜を販売! image 0
JAグループ 2019.04.25 ホーム > ブログ > JAグループ > 「プレミアムフライデーinクリスタ長堀」にて大阪産の新鮮野菜を販売! 「プレミアムフライデーinクリスタ長堀」にて大阪産の新鮮野菜を販売! 明日4月26日(金)、心斎橋周辺の地下街クリスタ長堀にて、JA大阪泉州、JAグリーン大阪、JA大阪市が参画するイベント「プレミアムフライデー inクリスタ長堀」が開催されます。イベント当日は、クリスタ長堀中央のイベント広場「滝の広場」にて、同3JAによる農産物直売イベント「PREMIUM MARCHE(プレミアムマルシェ)」が12時から19時まで行われます。また、府内生産者である花卉農家(金田博充さん)による対面販売も行います。 同3JA管内の生産者が大切に育てた新鮮な旬の野菜が勢揃いするプレミアムなイベントに是非お越しください!! <販売する主な農産物>   飲食店関係者様 JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集 「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。  ●大阪産のお野菜さん応援サイト        参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店 ※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。 お問い合わせフォームよりお願いします。 この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!  
地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」
地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」 photo 0
地産地消応援店舗(飲食店) 2020.01.17 ホーム > ブログ > 地産地消 > 地産地消応援店舗(飲食店) > 地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」 地産地消応援店舗取材「I.Bグリル」 自慢の鉄板焼きは、こだわりの大阪産食材のオンパレード   今回、ご紹介するのは四条畷市にある鉄板焼きのお店「I.Bグリル」です。   こちらのお店は、旅館「伊勢屋」のレストラン部分。四条畷神社の参道に位置する母屋は、百余年の歴史を刻む趣ある佇まいです。   一階部分に設けられた「I.Bグリル」では、地元産の野菜をはじめ、肉は大阪唯一の純粋黒毛和牛「なにわ黒牛」、飲み物も箕面市の「箕面ビール」、柏原市の「カタシモワイン」、羽曳野市の「飛鳥ワイン」と、全食材のうち80%以上が大阪産。どれも厳選した食材ばかりで、口コミサイトでも「料理がおいしい!」と評判です。     聞けば、野菜に関しては「100%大阪産」を目指しているそう。店主の小濱さん自ら八百屋に足を運ぶだけでなく、JAの直売所や朝市、またスーパーの産直市場、道の駅など、大阪府全域を回りながら仕入れておられます。 「できれば調味料も大阪産で揃えたいんですけどね。なかなか調味料まで揃えるのは難しいんですよ。今は、柏原市で製造される綿実油を普段から使うようにしています」と小濱さん。 調味料まで大阪産こだわるとは、かなりのもの。この一言からも、地元に対する思いの強さが伝わってきます。   野菜類はほぼ100%大阪産 この日、用意してくださった野菜は、じゃがいも、玉葱、水菜、チンゲン菜、白菜、サツマイモ、にんにく、水なす、しいたけ、すずなりかぼちゃ、ズッキーニ、にんじんなど。  
「プレミアムフライデーinクリスタ長堀(プレミアムマルシェ)」にJAグループ大阪が参画
「プレミアムフライデーinクリスタ長堀(プレミアムマルシェ)」にJAグループ大阪が参画 photo 0
JAグループ 2018.08.01 ホーム > ブログ > JAグループ > 「プレミアムフライデーinクリスタ長堀(プレミアムマルシェ)」にJAグループ大阪が参画 「プレミアムフライデーinクリスタ長堀(プレミアムマルシェ)」にJAグループ大阪が参画 JAグループ大阪は、7月27日「プレミアムフライデー in クリスタ長堀」に参画。大阪府内のJAいずみの、JA大阪南、JA大阪中河内、JA大阪市より提供する新鮮な旬の大阪産農産物を直売するイベント「PREMIUM MARCHE(プレミアムマルシェ)」を開催しました。   この取組みは昨年の11月より毎月最終金曜日のプレミアムフライデーに行っています。マルシェでは水なす、ミニトマト、大阪なす、きゅうり、リーフレタス、しろな、小松菜等の野菜や、桃、デラウェア、巨峰、いちじくといった果物等20種類以上の新鮮な大阪産農産物を販売しました。   <新鮮な大阪産農産物がずらりと並ぶ>     マルシェでの農産物購入客からは「前回食べた水なすがおいしくてまた買いにきました」「野菜が安く買えるから嬉しい」「ここの野菜は新鮮で長持ちする」という声もあり、今回は300人以上のお客様がご来店。開店と同時に長蛇の列ができ、持ってきた野菜はすべて売り切れました。   また、以下のような普段あまり見かけない野菜も販売しました。    <ロロン> <バターナッツ> <まくわ瓜>